森永の粉ミルク「はぐくみ」の口コミ

森永の粉ミルクはぐくみ

ほほえみからはぐくみにしました

 

第1子のときは、ビーンスタークのすこやかを使っていたのですが、4年後に出産した第2子のときには、ビーンスターク商品を店頭に置いている販売店が少なくなっていました。
第1子のときに、ほほえみらくらくキューブを使っていたこともあったため、ほほえみに変えることにしました。
しかし、出産した病院で森永の育児日記をいただき、そこに、はぐくみエコらくパックがお試しできるハガキが一緒にあったため、試しに送ってみることにしました。
いざ、届いて使ってみると、つめかえできるという利点があり、ゴミを出すときにも楽であったため、3ヶ月ほど使ったほほえみからはぐくみに変えることにしました。
基本ははぐくみを使っており、おでかけのときは便利なほほえみらくらくキューブと、TPOに合わせて使い分けています。

赤ちゃんの飲み具合も良い

はぐくみには4つの特長があります。
①DHA・アラキドン酸・スフィンゴミエリンといった、母乳に含まれる成分が成長と発達を助けます。
②ラクトフェリンという初乳に多く含まれる成分が、赤ちゃんを病気から守ります。
③ビフィズス菌を増やす3種類のオリゴ糖が腸内菌そうを整え、母乳育ちに近いうんちを手助けします。
④消化吸収のよいペプチドというたんぱく質が、赤ちゃんにスムーズに吸収します。
ほほえみと比べると、便の出がよくなったように思います。
ほほえみからはぐくみに変えるとき、「ミルクの味など違うのか?」と、赤ちゃんのミルクの飲み具合がどうなるか気になりましたが、ほほえみのときと変わることなく、よく飲んでくれます。
現在8ヶ月の子供は、標準以上の体重(9kg)と身長(70cm)になり、すくすくと育っています。

はぐくみを使って感じたメリット

はぐくみの商品には、エコらくパック・大缶・小缶・スティックタイプとありますが、お試しのハガキがあったお陰で、エコらくパックに出合うことができました。
ほほえみのときは、大缶を使っており、缶ゴミがどんどん増えて、面倒になるときがありました。
エコらくパックは400g×2袋が箱に入っており、大缶1缶に相当します。缶のときより、ストックもしやすいです。
パックを入れるケースもコンパクトで場所を取りません。
また、ケースを洗うことができるので清潔です。缶は清潔だとは思いますが、洗うことはできないので、自分自身で清潔に保てることが良いです。
価格は粉ミルクの中では高いほうだと思いますが、赤ちゃんのものは安心したものを使いたいという気持ちがあるので、価格には納得して使っています。