赤ちゃんのミルクの温度は何度で作ればいいの?飲ませる時は?

ミルクを作るときの温度は何度がいいの?

ミルクを作る時には、まず、熱いお湯でミルクの粉末を溶かします。
そして、溶かした熱いミルクを、
赤ちゃんが飲みやすい温度まで冷ましてから飲ませます。
その場合の熱いお湯とは、一体どれくらいが良いのでしょうか。

以前は、50度程度が適温とされていました。
ところが、基準が変わり、70度が適温になったのです。
どうしてかというと、50度では細菌が死滅せずに残ってしまうからです。
エンテロバクター・サカザキ菌という菌が原因で、
死亡してしまった赤ちゃんがいいます。
それから、70度という新たな基準が出来たそうです。
細菌を死滅させるなら、70度以上でも良いと思うかもしれませんが、
あまりにも高温になってしまうと、今度は大切な栄養素を壊してしまいます。
そこで、70度という数字が出されました。

赤ちゃんに飲ませる時は、どれくらい冷ますの?

70度のお湯で作ったミルクは、赤ちゃんには熱すぎます。
そこで、次にそのミルクを冷ましてあげます。
その冷ます温度に関しては、きっちり何度という事はありませんが、
40度くらいの人肌が良いでしょう。
どのくらいかというと、腕の内側にちょっと垂らしてみて、
温かいと感じる程度が40度です。

ただ、その温度は赤ちゃんによっても好みもあります。
熱めのミルクが好きな赤ちゃんも入れば、
冷めたミルクが好きな赤ちゃんもいます。
どのくらいのミルクが一番よく飲んでいるかを観察してみると良いでしょう。
また、気温によっても変わってきます。
暑い日に、いつものように温かいミルクをあげても、
飲み具合が悪いこともあるかもしれません。
そんな時は、もう少しだけ冷ましてあげるなどの工夫をすると、
良いかもしれません。

どうやってミルクを冷ます?

時間に余裕がある時にミルクを作る場合は、温度調節もしっかり出来ます。
でも、赤ちゃんがミルクを欲しがる時は、急にやってくる事が多いものです。
しかも、作り置きしておきたいと思うところですが、
それこそ、細菌の発生が気になってしまいます。

ミルクを冷ますオーソドックスな方法は、
熱いミルクを入れた哺乳瓶を冷水や冷氷にあてて冷ます方法です。
この方法であれば、哺乳瓶を触りながら温度の確認できるのでとても便利です。
ただ、この時は哺乳瓶の周りだけ冷たくなり、中身が熱いという事もあるので、
注意をしなくてはなりません。
また、哺乳瓶に半分冷たい水を入れて熱いミルクと混ぜるという方法もあります。
これは、ちょうどいいミルクと水の配分を見つけるまでが大変ですが、
わかってしまえば、あとはとても簡単です。

ミルクを作るときに、一番手間がかかるのがこの冷ますという作業です。
これをクリアして赤ちゃんに美味しいミルクを作ってあげてください。