赤ちゃんにとっての食事、ミルクの時間や間隔について

生後0ヶ月ごろ

産後まもないころは、母乳量が少ないため、赤ちゃんへの授乳に育児用ミルクを使用する人も多いと思います。ミルクを使用する場合、母乳と混ぜるときと、ミルクだけで授乳するときとの、二つの選択肢があると思います。母乳と混ぜるときは、2~3時間おきに、母乳量と比較しながら調節しましょう。ミルクのみで授乳を行う場合、一度のミルクで80ml~120mlを与え、必ず3時間は授乳間隔を開けるようにしましょう(生後まもないころはもう少し少なくても構いません)。といっても、なかなか意図したように飲んでくれないときもあります。あるときは50mlしか飲まないのに、あるときは150~200mlものミルクを授乳することもあります。そのときでも、パパ・ママのほうで分量を調節してあげてください。一般にミルクは母乳よりもカロリーが高いとされているので、あげすぎには注意したいところです。

生後1ヶ月~5ヶ月ごろ

生後1~2ヶ月ごろからだんだんと授乳間隔が定まってきます。このころから、授乳の間隔や時間が広まってくる赤ちゃんもいます。このころの授乳としては、ミルクだけの場合120~160mlを3時間おきに6~7回行いましょう。母乳と混ぜる場合、赤ちゃんが母乳を欲しがったぶんだけあげてください。1ヶ月ごろではまだ母乳がなかなか出ない場合もありますので、新生児のときと同様、ミルクのあげすぎには注意してください。3ヶ月~5ヶ月には一度で吸引できる量が増えるので、一回で飲む量が増え、回数が減ります。具体的な回数・量としてはおよそ180~220mlを4時間おきに五回ほど飲ませます。このころになってくると、授乳のリズムが決まってくると思います。早いところでは5ヶ月ごろに離乳食を始まりますが、もしお腹を下すようなら控えるようにしましょう。

生後6ヶ月以降

生後6、7ヶ月にもなると、離乳食を始めているご家庭も多いため、ミルクの回数がだんだんと減っていきます。しかし、全く必要ないというわけではなく、授乳についてもちゃんと行います。およそ4時間ほど空けつつ、200~200mlの量を5回ほど与えましょう。母乳を与える場合でも4時間ほど空けてください(なお、このころになると明確に個人差が出ていると思うので、赤ちゃんのリズムに合わせてください)。生後8、9ヶ月ごろになると、離乳食が2~3回に増え、食事のメインとなってきますので、ミルクの回数は減ってきます。量は200~220mlと変わりませんが、1日4回ほどになるでしょう。生後10ヶ月以降でも、まだまだ授乳は続きますが、1日の授乳量の目安は1000mlとなるので、離乳食と比較しながら、適量をあげるようにしてください。